入れ歯のことならあずま歯科へ|名古屋市北区

入れ歯のことならあずま歯科へ|名古屋市北区
052-901-4818
診療時間

入れ歯

あずま歯科の入れ歯治療

女性の写真

入れ歯はもっと快適に使える

従来の入れ歯のイメージは、「噛み心地が悪い」「すぐに外れる」「金具が目立つ」「落として割れる」などマイナスイメージが強いものでした。
現在では、食べ物の温度も伝わりやすい金属性のものや軽くて金属を使用しないものまで幅広い種類があります。今お使いの入れ歯でお悩みの方も、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯のことでお悩みの方は一度ご相談ください
  • よく入れ歯がはずれる
  • 付け心地が悪い
  • 割れない入れ歯はないの?
  • 金属が目立って写真に写りたくない
  • もっと軽い入れ歯はないの?
あずま歯科ではそれぞれの方のご要望にあった入れ歯をご提案します。
プレゼントについて
院長からのメッセージ

入れ歯は型が命です。
いいものを完成させるためには、しっかりした型、技工士の技術、技工士とのチームワークが大切です。快適な入れ歯を制作するためにあずま歯科では、院長が納得いくまでしっかり確実な型どりをいたします。

レジン床入れ歯(保険適応)

入れ歯の写真

保険適応の入れ歯

一般的な保険の入れ歯です。
噛むことに関しては、基本的な機能は変わりませんが、入れ歯の素材はプラスチックを使用しているため分厚くなり、食事の時に熱が伝わりづらかったり、話しにくいと感じることがあります。

メリット
  • ・保険適応で費用負担が少ない
  • ・歯がない時に比べバランスよく噛める
デメリット(自費入れ歯に比べ)
  • ・素材が分厚く食べ物の温度が伝わりづらい
  • ・付け心地が悪い
  • ・入れ歯が重い
  • ・割れやすい
  • ・金属部分が目立つ

金属床入れ歯

入れ歯の写真

金属製で付け心地が良い 自費の入れ歯

入れ歯の土台となる床の部分が金属でできている入れ歯です。自費の治療となってしまいますが、床の部分を金属で作成するため、薄くすることができ、食事の熱が伝わりやすく、話している時の違和感も少ないのが特徴です。
また、保険の入れ歯に比べ、ぴったりとしたはめ心地を実現できます。

メリット(保険適応入れ歯に比べ)
  • ・素材が薄く食べ物の温度が伝わりやすい
  • ・細かな調整が可能で、付け心地が良い
デメリット
  • ・自費治療になるため費用がかかる
  • ・金属アレルギーの方には使用できない

ノンクラスプデンチャ―

入れ歯の写真

金属を使わない軽い 自費の入れ歯

入れ歯を固定する金属がないタイプの入れ歯です。ノンクラスプデンチャーは金属の留め具がなく、義歯床の範囲を広げることで固定します。
留め具がないことで、周りに気付かれにくくなったり、入れ歯がずれたり外れたりすることが少なくなります。また素材自体に柔軟性があり、割れにくいという特徴もあります。

メリット(保険適応入れ歯に比べ)
  • ・金属アレルギーの方でも使用できる
  • ・柔軟性のある素材で落としても割れづらい
  • ・金属の留め具がなく人目を気にせずに済む
  • ・軽い
  • ・歯ぐきから固定するので、付け心地が良い
デメリット
  • ・自費治療になるため費用がかかる
スタッフの写真 入れ歯のご相談もあずま歯科にお任せください

入れ歯の料金について

レジン床入れ歯保険適応
金属床入れ歯(コバルト)150,000円~
ノンクラスプデンチャー 1~3歯※80,000円
4~5歯 120,000円
8~14歯 150,000円

※両側にまたがる場合は、120,000円
※料金はすべて税別価格です。

診療科目

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 一般歯科
  • 根管治療
  • 入れ歯
  • 矯正治療
  • 審美歯科・ホワイトニング